高村総二郎

タカムラソウジロウ

1965年 大阪府生まれ。「刺青」「四畳半」「纏」「肖像画(政治家)」など、様々なシリーズを発表しているが「カップヌードル」は彼の代表的なシリーズ。ウォーホルが大量消費の象徴としてキャンベルスープを描いたのなら、日本人である自分は「カップヌードル」を描こう!ということで、カップヌードルの作品を描き始めた。しかしウォーホルと決定的に異なる点は、高村の作品はシルクスクリーンの大量生産では無く、正確かつ丁寧に描き出した1点ものだということだ。

関連作品 Related artworks

関連する展覧会 Exhibition

2022 . 08 . 04 08 . 17

at GINZASIX 5F Artglorieux

時代性を求めた、既存の芸術表現にとらわれない新しいコンセプチュアルな作品は、私達に衝撃を与え想像力を掻き立てる。
また、音楽やファッションと融合し、より身近に感じることができるようになったアートは、ますます複雑化、拡大しながら影響力を増し、単なるブームからカルチャーへと進化している。
こうしたアートカルチャーを担う今人気のアーティストから、今後アートシーンを賑わせるであろうニューウェーブの作品までを集積する。