ARToVILLA

一人ひとりがひらく、アートの扉。

Volume 01

部屋から、遠くへ

コロナ禍で引きこもらざるを得なかったこの2年間。半径5mの暮らしを慈しむ大切さも知ることができたけど、ようやく少しずつモードが変わってきた今だからこそ、顔を上げてまた広い外の世界に目を向けてみることも思い出してみよう。
ARToVILLA創刊号となる最初のテーマは「部屋から、遠くへ」。ここではないどこかへと、時空を超えて思考を連れて行ってくれる――アートにはそういう力もあると信じています。
2022年、ARToVILLAに触れてくださる皆さんが遠くへ飛躍する一年になることを願って。

部屋から、遠くへ

Volume 01

展覧会 Exhibition

2022 . 01 . 13 01 . 26

at Artglorieux Tokyo

しゃべること、動くこと、会うことを制限された2年間。
それはある意味、飛べない時代。終わりが見えない閉塞感の中、ネガティブな気持ちでいっぱいになった心を開放して自由に飛び回ろう。
新しい時代を軽やかに飛翔するのに必要なのは共感力と感謝力。
武田双雲が描くアートは言葉が持つ力を活かした、まさに共感力のアート。
従来の書にとらわれない、自由に表現された言葉のアートは、見る者に新しい価値観や生き方を問いかけます。
今回は、和紙、越前和紙、藍染、書、青墨、アートワークスをテーマにお届けします。

Artworks

Related Events

ARToVILLA独自の視点と
コンテキストでキュレーションした
「コレクションの最小単位」。

キュレーションコーナー CURATION CORNER

見て、聞いて、触れて、
実際に体験できる機会がたくさん。
まずはイベントから。

ARToVILLA

一人ひとりがひらく、アートの扉。

本や音楽、おいしいごはんを語るみたいに、
アートの話を始めませんか?